dメニューdメニュー

40代の6割の年収が平均よりも低い?年収アップするには?

2022/08/12 07:05

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/Atsl_1GZQC2jLI9bR18nbA.jpg
平均年収を見て「そんなにもらっていない」と感じる人も多いのではないでしょうか。実は、40代の約6割が平均年収に届いていない現実があります。40代の平均年収と年収のボリュームゾーンを見てみましょう。 40代の平均年収は502万、平均に届かない人は56% 2021年の40代の平均年収は502万円でした(転職求人サイト「do

平均年収を見て「そんなにもらっていない」と感じる人も多いのではないでしょうか。実は、40代の約6割が平均年収に届いていない現実があります。40代の平均年収と年収のボリュームゾーンを見てみましょう。

40代の平均年収は502万、平均に届かない人は56%

2021年の40代の平均年収は502万円でした(転職求人サイト「doda」調べ)。年収分布は次の通りです。

年収 割合
300万円未満 13.2%
300~400万円 21.6%
400~500万円 21.3%
500~600万円 15.6%
600~700万円 10.9%
700~800万円 6.6%
800万円以上 10.8%

40代の年収分布で最も多いのは、300万~400万円でした。500万円未満の人の割合を合計すると56.1%です。約6割が平均年収に届いていないことが分かります。

40代の10人に1人は年収800万以上

一方、40代で年収800万円以上の人が10.8%いることにも要注目です。10人に1人は年収800万円以上と考えると、意外と多いと感じるのではないでしょうか。

平均年収が高い職業には、専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)や、企画/管理系、技術系(IT/通信)などがあります。業種で見ると、金融、IT/通信、メーカーの順に平均年収が高い結果でした。

キャリアを見直し年収アップを目指そう

年収に影響を与える要素は、毎年の昇給に加え、管理職手当や資格手当など多くあります。40代のうちにキャリアを見直し、昇進や資格取得の機会を逃さないよう、積極的にチャレンジしましょう。

年収アップとあわせて生活コストを見直すことも大切です。40代は子どもの教育費など生活コストが高くなりがちな時期。無駄な出費を抑えて、少しでも貯蓄習慣を身につけましょう。

文・木崎 涼(ファイナンシャル・プランナー)
編集・dメニューマネー編集部

(2022年6月10日公開記事)

【関連記事】
6月に届く「年金振込通知書」 捨てちゃいけない3つの場合
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部)
新たに10万円!「住民税がかからない世帯」の救済制度
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?(外部)
加給年金が支給停止になる2つのケース