dメニューdメニュー

買い物上手が教える節約のコツ!コロナ禍で節約しちゃダメなものとは?

2022/09/27 16:55

https://money.smt.docomo.ne.jp/image/N5VvGF_qQm2_QshBtCqsYw.jpg
普段の買い物の中で、節約と思っているその行動、実は節約になっていないということもある。例えば、まとめ買い。節約になっていると思いがちだが、無駄なモノを多く買っているかもしれない。日常生活において、節約につながる行動とはどのようなものなのか? 買い物で節約する4つのコツ 前述のように、まとめ買いは節約になると思いがちです

普段の買い物の中で、節約と思っているその行動、実は節約になっていないということもある。例えば、まとめ買い。節約になっていると思いがちだが、無駄なモノを多く買っているかもしれない。日常生活において、節約につながる行動とはどのようなものなのか?

買い物で節約する4つのコツ

前述のように、まとめ買いは節約になると思いがちですが、計画的に買い物しないと無駄なものを買ってしまいがち。日々使う日用品の買い物でしっかりと節約しよう。

コツ1 在庫リストを作る

日用品は種類が多いため、どのアイテムがどれくらいあるかを頭で記憶しにくいものだ。リストを作って現在どれくらいの在庫があるかを把握するのがよいだろう。

コツ2 100円ショップを活用する

日用品はスーパーやドラッグストアで買うよりも、100円ショップを使ったほうが安く買える場合がある。

ゴミ袋、ポケットティッシュ、メモ帳などの消耗品やタッパーや食器類などは、100円ショップで十分だ。

コツ3 詰め替え用も単価を計算して買うか決める

シャンプーや洗剤は詰め替え用のほうがお得に思えるが、必ずしも通常サイズより安いとは限らない。

詰め替え用を買う前に、商品1mlあたりの単価を出して詰め替え用と通常サイズどちらが安いのかをチェックするとよい。

コツ4 ポイ活で“お得”を追求する

ポイントを貯めて生活に役立てること(ポイ活)も節約につながる。買い物で貯まるポイントは、いろいろなお店で買うより、決まったお店に集中させるとよいだろう。

詳しく読む>>
日用品は無駄買いしがち!買い物で節約する4つのコツ

コロナ禍で節約してはいけないものとは?

コロナ禍で暮らしの行き先に不安を感じる家庭は多いはずだ。収入源を増やすための副業や節約により家計をカバーしていくことは大切だが、実は節約してよいものとそうでないものがある。

免疫力低下の危険!食費の削りすぎに注意

家計の節約というと、真っ先に思い浮かぶのは食費を切り詰めることかもしれない。コロナ禍で外出の機会が減り、食費が増えたことで、どうにかして削らなくてはと考えている家庭も多いだろう。

家庭不和の原因にも!安易な保険解約はNG

食費の次に注意したいのが、保険料だ。新型コロナの影響で月々の家計を心配するあまり、保険を解約しようか……と考えてはいないだろうか?

保険は、万が一のリスクに備えておくものだ。目先のことばかりを考えて安易に解約してしまうと、いざという時に頼れるお金がなくなってしまう。また、それが原因で家庭不和にもなりかねない。

我慢の反動は大きい?趣味のお金は削りすぎない!

一見ぜいたく費のようだが、趣味にかけるお金も削りすぎには注意したい項目だ。趣味やレジャーなど、自分にとっての楽しみは心の栄養にもなる。

詳しく読む>>
かえって損する!コロナ禍で節約してはいけないものとは?

文/編集・dメニューマネー編集部

(2022年7月27日公開記事)

【関連記事】
「ふるさと納税」するなら読みたい記事
初心者向け!ネット証券オススメランキング(外部)
銀行員が知る「老後破産」する人の危ない行動
SBI証券と楽天証券どちらで開設する?(外部)
金運ダウン?玄関に置いちゃダメなモノ3選